キービジュアル

腰痛

腰痛には2種類あります。一つ目は原因が分かる腰痛。二つ目は原因が分からない腰痛です。原因が分かる腰痛とは腰椎ヘルニアなど病名がつく腰痛です。内臓の疾患から痛みがくることもあります。そして、一般的に皆さんが悩んでいる腰痛のほとんどが二つ目の原因が分からない腰痛です。正確には、原因が分からないとは原因がないわけではなく原因はあります。病院で病名を診断されないだけです。原因は、腰椎のズレ、骨盤のゆがみ、左右の足の長さの違い、腹筋と背筋の筋肉バランス、などの悪い姿勢や骨格のゆがみが原因です。悪い姿勢や無理な姿勢をとり続けることで、背骨や腰周りの筋肉に大きな負担がかかります。これが続くと筋疲労が蓄積され、硬くこわばり痛みがでます。身体が冷えると痛みが強くでる特徴もあります。腰痛が悪化すると、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎脊柱管狭窄症、腰椎分離症、すべり症、などを発症するおそれがあります。

腰痛予防の運動・ストレッチ
①パタパタストレッチ
硬めのところ(腰が沈まない程度のところ)に仰向けで寝てもらい、膝を立てます。その状態で左右に膝をパタパタ倒します。痛みが出ないようにゆっくり大きく行います。左右合計20回程度が目安です。

②腰の反りをつくるストレッチ
腰は前に適度に弯曲(わんきょく)していることが大切です。硬めのところ(腰が沈まない程度のところ)に仰向けで寝てもらい、腰の下に物を入れ反りを作ります。写真はタオルを硬く巻いて入れています。15分を目安に行ってください。※強い痛みが出る場合は行わないでください。入れるものの高さを調整したり、時間を短くするなど工夫しても効果があります

肩こり

一般的に「肩こり」と呼ばれるものは病名ではなく症状の総称です。「こる」「張る」「重だるい」「こわばる」「つっぱる」「痛み」「違和感」などいろんな表現の感じ方があります。
肩こりは、悪い姿勢によって首、肩、背中の筋肉に負担がかかることで起こります。これらの筋肉は5〜6キロもある頭を支えたり、腕を動かしたりするので筋疲労がたまりやすいです。また、首は細いので、首の骨があまり筋肉に守られておらずゆがみやすい場所です。背骨が歪んで神経圧迫が起こると、筋肉は緊張し硬くなります。硬くなると筋肉の中を通っている血管が圧迫され血液の循環が悪くなり、筋肉に十分な栄養が行き渡らずさらに筋肉疲労がたまります。そうやってどんどん筋肉疲労がたまり、コリ→痛み→シビレ→マヒ(触られてもあまり感じない)とどんどん悪化していきます。 また、さらに悪化すると、四十肩、五十肩、翼状肩甲骨、肩腱板断裂などの病気を引き起こします。



肩こり予防のストレッチ
①肩挙げストレッチ
首をすぼめるように肩を挙げます。そのまま10秒数え、一気に脱力し肩をストンと下げます。これを3~5回行ってください。

②肩甲骨回しストレッチ 肩甲骨を意識しながら、肩を前から後ろに大きくゆっくり回します。10~20回行ってください。

頭痛

慢性的な頭痛は、猫背などの悪い姿勢によっておこる首や頭部周辺の筋肉の緊張や、頭部の血管の拡張などによって起こります。また過度のストレスも原因となります。偏頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛などの種類があります。 片頭痛は、こめかみ辺りにズキンズキンと脈打つような激しい痛みが出るのが特徴です。頭痛とともに吐き気が起こったり、光や音、匂い、気温の変化に敏感になります。女性によくみられます。 緊張性頭痛は、慢性的な頭痛の中で一番多く見られる頭痛です。後頭部を中心にギューッと締めつけられるような痛みが出るのが特徴です。年齢や性別に関係なく発症します。頭痛のほかにも、肩や首のこり、めまい、全身のだるさといった症状をともなうこともあります。 群発頭痛は、目の奥や周りから側頭部に痛みが出ます。目の奥がえぐられるような激しい痛みが15分~3時間くらい続くのが特徴です。頭痛のなかでは、もっとも激しく痛み、涙や充血などの症状も併発します。

頭痛予防のストレッチ
①首のしなりを作るストレッチ
首は前に適度に弯曲(わんきょく)していることが大切です。座った状態で首にタオルを当てタオルの両端を持ちます。しっかりタオルの両端を持ちそのまま頭を後ろに倒し首をしならせます。そのまま30秒ほどストレッチしてください。

②首のしなりを作るストレッチ2 仰向けに寝た状態で、首にしなりができるように枕などを当てます(写真は硬く巻いたタオルを当てています)。その状態で、枕に首をそわすように左右にゴロゴロ首を転がします。左右合計20回を目安に行ってください。